fc2ブログ

轢き逃げ 最高の最悪な日

  10, 2022 20:10
o0760108014419145094.jpg

轢き逃げは、有ってはならない事ですが、運転する以上、この作品で
轢いた者(宗方)が考えたような会社を去らないとならなくなるとか、何年刑務所
に入れられるかとか、考えなくもない。「人を万が一轢いたらどうなるのかな」
と言うのは、あまり考えないようにしていますが、頭の片隅には絶えずある
ような気がします。
主人公は、初めて観る中山麻聖演じる宗方。三田村邦彦の息子らしい。
端正な顔立ちだと思いましたが、ちょっと「何考えているか分からない系」でも
有るかも知れません。そもそも、最初、自動車に二人が乗っていて、女性を
はねた辺りは、何か変な雰囲気と言うか、奇異な空気感が有りました。
後から考えると、初めて観る俳優さん二人が登場したから、僕自身が映画に
入り込んでいなかったからかも知れないと思いました。
この作品、水谷豊が監督だと知って、映画への出演の仕方を考えると少しですが、
納得できる部分も有りました。
岸部一徳、最高ですね。久しぶりに観ましたが、巧い!と思いました。
刑事役をやっていましたが、存在感かなり有りました。
p

副社長の娘役の小林涼子も掘り出し物的な感じがしました。ですけど、年齢を
余り感じさせない清楚な雰囲気が有り、主人公とは夫婦と言っても理解できる
感じがしました。それにしても、石田法嗣演じる輝、ちょっと演技下手じゃない
ですか??セリフ棒読み感が有って、冷めてしまいました。何か心ここに有らず
的な感じが、最後の大逆転を考えてこの演技をしていたとすると凄いけど。
◆左側の男性(役者:石田法嗣)↓
hikinige_02n.jpg

確かに、作中出てくる、言われるように、嫉妬は二面性が有って、人を良くする
場合と悪くする場合があると言うのは説得力が有りました。にしても、轢き殺された
娘の父がここまで刑事のように実際の犯人を見つけ出すのは、水谷豊くらい
じゃないですか?「相棒」が頭をよぎってばかりでしたよ。こんなに普通の
父親が頭が廻らないですって。
それと、檀ふみさん。素晴らしいですね。言葉が無くても、姿やいで立ちで
心情を察せられるテクニックを持っています。流石です。終わりの方で、手紙を
読むシーンで、早苗さんが「それでも私は秀一さんを待っています」と言った
際にも、決して、自分の娘を殺した男の奥さん?には心を寄せていない心情を
遠巻きでしたが顔色で分かりました。凄いですね。こう言う女優さん。本当に
貴重な存在だと思います。監督、水谷豊が敢えて選んだのでしょうね。
ストーリーは普通でしたが、若い役者さんが頑張って作品にしていたのは
良かったと思います。監督、水谷豊の力量は一作品だけでは分かりませんが、
この作品であれば、一応及第点はもらえると思います。
1015583_02.jpg

日常の中の非日常を描くのは難しいと思いますので、良く出来ている作品だった
と思います。監督の次回作品、乞うご期待と言う感じです。
けど、水谷豊はやっぱり「相棒」で観たいですね。


評価点   88点
お薦め度  85点

2019年  127分  日本製作

 
 
↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

ザ・ファブル 殺さない殺し屋

  08, 2022 21:07
185517_04.jpg

この作品は、ファブルが主人公と言うより、平手友梨奈が主人公のような
内容でした。それでも、相変わらず面白い作品でした。と同時に、出演者
の豪華なこと。前作に加えて、堤真一、安藤政信、平手友梨奈が出て、一気に
内容が激変しており、平手の可愛そうな様子が目に焼き付きます。それでも、
岡田くんの演技は相変わらずスゴイ。特に、最初と、足場での場面で、出し
惜しむことなく、全力の岡田くんエンジン全開が続きます。流石と言うか、
スゴイと言うしかないです。
全然関係ないですが、ファブルと「マグロカンパニー」が関係していると言う
この社名が面白い。また、今回画面にはそんなに出ませんでしたが、佐藤
二朗と山本美月の掛け合いのような関係は面白かったです。
ジャッカル富岡が所々で出てきて、それがまた、緊張感が100%になってしまわ
ないようにしているようで作品の強弱のようなものも最高でした。
堤真一は、本当に良い役から悪い役までできる素晴らしい役者さんだと思いま
す。今回は、後者でしたが、一見、足の不自由な子の面倒を見ながら、NPOの
団体の代表もやってと、これまたよく居がちな役でしたが、その実、お金の
亡者で、人を殺す事を何とも思っていないのは微塵も感じさせない。
安藤政信と言う役者さんは、結構色んな映画で見ているような気がします。
悪い役が多いようなイメージですが、本当は違っていた、堤真一の悪さを本当は
嫌だったのは、優しさを持った悪人と言うか、そう言う難しい役ではありました
が、安定感抜群です。好きな役者さんです。
04RS-2.jpg

いやはや、それにしても、足場での演技は凄かったです!ちょっとやそっとでは
できません。岡田くんって本当に身軽だし、楽勝感が有って、本当に秀逸、
唯一無二だと思います。努力は、かなりしてここまで来たんでしょうが、それら
を考えてもスゴイと言う言葉では足りないくらいの演技?でした。
最後の平手が手りゅう弾を踏んでしまった場面もこれまた凄かった。
その後で、堤演じる宇津帆が自分で撃ってもらうように投げた手りゅう弾。
それで死んだ堤の遺体に向かって、手を合わせた平手の気持ちがどんなんだった
んだろう。世話になった?いやそんな事はないはず。自分で死を選んだ事に
対して?と考えても、その時の心情は分からない。
半年後に歩けるようになった平手演じる佐羽ヒナコはどう言う人生を過ごして
行くのでしょうか。安藤政信演じる鈴木と一緒になるのか。
色んな想像をさせてくれるのは楽しい。そういう意味では、まだ続くであろう
この映画「ファブル」シリーズ?は楽しみです。
最後のエンドロールの後に佐藤浩市が鍼灸師のような格好で、ファブルとその
妹を演じている佐藤ヨウコとの会話をイヤホンで聞いている姿で登場しますが、
その後、人体解剖図にアップで寄って行くのには理由は有るんでしょうか?
main_202208072104283eb.jpg

色々考えちゃいますね。


評価点   93点
お薦め度  93点

2021年  131分  日本製作

 
 
↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

ザ・ファブル

  07, 2022 21:55
320_20220806214530c5d.jpg

岡田准一が凄くはまっている役だと思います。体力も張れるし、関西弁も
話せます。身長が小さいですが、動きが素早く、ジャッキーチェンのような
手際に良い仕草と言うか俊敏な動きが様になっています。それと、木村佳乃
と言うコンビ?もバランスが取れています。岡田くんはムッツリ、木村佳乃
は超明るい。その関係性が面白い。「普通に生きる」と言うのが如何に殺し屋
としては大変かを観てつくづく思いました。最後の方のごみ処理場の戦いでは、
岡田くんのパワーがさく裂しています。
一方、その周りを取り巻く役者群は、福士蒼汰、柳楽優弥等の若手に加えて、
佐藤浩市、安田顕等の渋い系です。
そこに、山本美月が絡んで、良い流れになっています。
僕が一番気に入ったところは、柳楽の上手さ。頭悪そう!でいて、ヤクザが似合
っています。そんな言い方したら、失礼ですね。向井理は違うかなと思っていま
したが、意外にハマっていました。その二人のもつれ合いは、面白かった。
640-10.jpg

山本美月は良いですね。超かわいい感じがハマっています。木村佳乃との関係
も凄く良かったです。
佐藤二朗の役処も良かった。パーマの感じも面白い。岡田くんの書いた絵に
対する反応も良かった、半笑い状態がこっちもおかしくなりました。
ところどころ出てくる世間の「普通」が分からない岡田くんのおとぼけ具合は
流石と言ったところです。最後の最後に、鳥の手羽を食べるところで、山本
美月から「皮も食べて良いのよ」と言った事に対して、骨も食べてしまった
と言うのも、らしくて面白かったです。
ジャッカル富岡って何ですか!宮川大輔ですが、全然面白くないのに、岡田くん
のツボって言うのも奇異で印象に残ります。
「ファブル」を都市伝説と思っていた福士蒼汰の存在も大きかったです。あの
オタクっぽい感じや、それでいて人を殺す事は流石、ファブルをヤッテ、自分が
その代わりにファブルと呼ばれるようになると言っているだけあって凄腕です。
ファブルの次の作品が既に出ているのを知っていて、この作品を観ましたので、
流石にこれだけ面白かったら、次回作が作成されるだろうなと思います。
秀逸と言うか、原作が優れているのか、この作品の完成度は素晴らしいと
思います。
ごみ処理場で、スタントマンを使わないで、狭い建物の間を身体を使って上に
登って行くのは流石と思います。普通の人ではないと思ってしまいます。岡田
くんは、自分でスタントの指導と言うか、こうしたらどうですかと言うような
事でも作品に関わっていると聞きますが、これだけできたら、そりゃあそう
言えるでしょうと思いました。
最後に、僕は文鳥やインコが好きなんですが、この作品でそうした状況に
岡田くんを置くために飼わせると言うのも良く分かります。小鳥と接している
と優しくなりますからね。次回作もすぐに観てしまいたいと思っています。

◆ 木村佳乃(佐藤ヨウコ役)
640-11.jpg

評価点   95点
お薦め度  95点

2019年  123分  日本製作

 
 
↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

夜叉 -容赦なき工作戦-

  06, 2022 09:32
20220622145144.jpg

夜叉(やしゃ)と見て、何の事か見当が付きませんでしたが、ある特定の
人の事だと分かりました。確かに、最初から出ていて、どんな人かは気に
なっていたのですが、このおっちゃんが夜叉と言われているとはと言う
感じです。どこかで見かけたことない?というようなおっちゃんが夜叉。
韓国国家情報院でも、手に負えないけれどもやる事はしっかりやると言う
ゴルゴ13みたいな人です。見た感じの開きたるや凄いですね。
それに対して、ソウル中央検察庁から送りこまれたハン・ジフン。これまた、
夜叉含めたブラックチームに対すると滅茶苦茶足手まとい。この差がまた
面白いです。
銃撃戦は、迫力満点です。この作品では何度も出てきますが、秀逸だと
思います。爆発する箇所も多くありますが、効果的で臨場感満点に散りば
められており、映像的にはバランスの取れた良い映画だと思います。
最初は、ムンが悪者的に出てきますが、どんどん日本人が悪者になっていく
構成です。韓国作品は、こう言うのは受けるんでしょうか。
日本人を代表して出ているのは、池内博之。良い役処だと思います。渋くて
悪人顔をしていますが、威圧感もタップリあって、「良い演技しているな」
とつくずく思います。日本映画でも活躍しているんでしょうけど、僕はまだ
観ていません。あしからず。
20220622145301.jpg

Netflixで、この作品を観ましたが、本作品はNetflix作品とあります。今、
Netflix苦戦していますが、日本では。
ムンの娘が、カギを握る人物として出てきますが、そこまで行くと、もう
ムン自身は、用なし扱いで日本人に殺されてしまいます。日本人=小沢=
池内博之がムンを殺した後、ムンの娘を探します。
探す日本人とムンの娘と一緒に行動するハン。この攻防も面白かったです。
裏切りやモグラと言うスパイなどなど、各国のスパイが色々な国にいます。
ムンの娘が狙われるのは、日本人の107名のスパイリストを持っていること。
これが明るみに出たら、日本は全世界の国々からバッシングを受けます。
それで、小沢がムンの娘を探して、そのデータを削除する必要が有ると言う
ストーリーです。分かりにくいのが、攻防するのが、実はそのバックグラウ
ンドが、各国の政府機関だったりして、悪人なのか善人なのか分からない
と言う点です。
ある言葉が、人の立場を象徴するのですが、ハンは、「正義は正義によって
守る」と「当初の」考え方に対して、夜叉曰く、「正義は何をしてでも
守る」と言うことです。なるほど、こうした正義感で行動するから夜叉は
ハチャメチャをしますが、最後は正義は勝的な感じになります。けれど、
正義をもたらす為なら、悪い人は殺して良いんだろうか。それは、違うと
思います。法律の下で、法律をはみ出ない程度で正義を貫くと言うのが正解
だと思います。けれど、きれいごとだけで世渡りできるほど、今の社会は
健全では無いですね。



評価点   84点
お薦め度  85点

2022年  125分  韓国製作

 
 
↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

犯罪都市

  02, 2022 21:59
p_202207312155017ef.jpg

流石にこの作品は男性しか観ないだろう。骨太で、男男した世界
の話です。ソウルの街で、刑事をしているマ・ドンソクと、マフィア、
中国人の「朝鮮族」が抗争します。使う武器が、銃では無くて、
ナイフや斧ってとこが、あっさり感が無い分、血がベットリの画像が
次々に目の前を過ぎて行きます。僕が好きなのは、マッチョなマ・ドンソク
や、シュワちゃんなんだろうと思います。マ・ドンソクがこれまた強い強い、
ケンかは負けません。相手が、大人数でも安心して観てられます。
この作品で描かれている朝鮮族は、かなりいかれています。人を殺めても
何とも思わないと言うか、集金稼ぎへの執着が凄いです。女、子供、関わらず
殺し、いたぶり、この作品が、実話を元にしたフィクションと最初にテロップ
が出ますが、フィクションの方であって欲しいです。
チャン・チェンは、朝鮮族のボスですが、これまた、最上級に嫌な奴で、
人殺しを何だと思っているんでしょうか。血も涙もないと言うのは、こういう人
を指して言うんでしょう。死んだような眼をしていて、それでいて、感情の
起伏にのみ依存して行動します。韓国の悪人は、こう言う人が多いと言うか、
こう言う人間像を作りますね。誰もが、嫌がる、報復もスゴイので、警察に
なんて言ったら、自分が危ない。
ターミナルのトイレでの戦いは、凄かったです。ここまで、争いが白熱過ぎて、
手に汗を握ってしまいます。マ・ドンソクは、やっぱり強いんですけど、スピー
ドは、遅いですね。けれども、一対一のタイマンでは負けません。それを
立証できるだけの肉体が有ります。その辺が、韓国の汚い部分を一斉にキレイ
にしてくれるかも知れないと期待させられてしまう説得力が有るんだろうと
思います。
1805011601.jpg

独身で、この作品で出てくるような小さい食堂でビールか何かを飲んでいる
のが似合うし、よくそうした場面に居たりします。マ・ドンソクの共通項を
探すのも面白いです。若干ですが、コメディー的な部分も有ったりして、
若干、箸休め的な場面も有ったりします。余りに危ない刑事を職業にするには
危険すぎる、辞めたいと言う若者と、マ・ドンソクは話をするのですが、その
若者が最後の方で良い役をします。そして、悪者を捕まえた後には、大量の
逮捕者の聴取の際も、皆と同じような汚い言葉を使うようになっていたところ
などは、まさにそうした若干の息抜きも作品の中に出てきたりするのは、
楽しい部分でも有ります。
もっともっと、韓国映画を観て、日本の映画と違ったところを批評したり
出来たら良いなと思います。また、どうして韓国映画が日本映画に比べて
復讐ものが多いのかとか、その国民性まで論じられたら良いなとも思います。
「犯罪都市」は、観たことで、おそらくそのきっかけになったと思います。


評価点   86点
お薦め度  86点

2017年  121分  韓国製作

 
 
↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

ムーンフォール

  01, 2022 17:47
p.png

月が落ちてくると言うのは、確かに新しい感じがします。
しかも、月に人類の祖先が文明を作っていたと言う発見
は新しいです。とは言っても、これまた演者の行動範囲
がアメリカのごく一部に限られているので、月面での
アクションにお金をかけ過ぎた感は有ります。
img-snap02134.jpg

また、月が地球の際をすって軌道をずらしていた時の
映像は凄いのですが、そこも凄いし、月内の文明が残した
建物、構築物が細やかで重厚感が有るので、ストーリーが
飛んでしまう感が有りました。
q_20220731174356ad1.jpg

K.C.が「月は建造物」発言に固執していましたが、その理由
が今一つ入って来ないところとか、伏線をもっと張っても
良かったんじゃないかなと思いました。
それを言うなら、そもそもの視点をどこをベースに物語を
描くかがボケていて、何か月が怪しいぞ!核を使うしかないか!
けど、月には奥様がいるので発射はできない!と言った、
物語に広さが無くて、もったいなかったです。
製作が、アメリカ、カナダ、中国と多国籍的な感じが映像に
反映していなかったです。主人公のブライアン役のパトリック・
ウィルソンは、好きなタイプの役者さんでしたが、この人を
主人公と言って良いんだろうか的なボケ方もしていて、人類の
祖先が残してくれた乗り物が凄いのか、このブライアンの活躍
が凄いのか。
何かが落ちてくると言えば、「君の名は」を思い出しますが、
あれは、少年と少女の時間と空間を越えた「好き」と言う気持ち
がメインテーマとしてはっきり合ったので、どちらかと言えば、
人間関係を中心とした描写が多くて、落ちてくる隕石は、そんな
にクローズアップされていなかったので、あれはあの程度で良かった
のですが、この作品は、月が落ちてくると人類はひとたまりもない、
せめて、人類が過去に作っていた文明のお陰で、何とか対処できた、
また、地球はやり直せると言うメッセージ?なのか何なのか。
そこが、何を言いたいのかが分からないのが未だに尾を引いている
のが、もったいないです。
この作品を観るに至った経緯は、TVで、「anazon prime独占」と
CMで見たのがスゴイ映像だったから観たのですが、その「映像の
凄さ」を見せたいんだったら、ここまで細かい人間関係は一切無い
位の方が未だ良かったんじゃないかなと思います。
人それぞれ違う感想になるんでしょうけど。

s_2022073117453311f.jpg

評価点   76点
お薦め度  74点

2021年  130分  アメリカ、カナダ、中国製作

 
 
↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

夏への扉 ―キミのいる未来へ―

  31, 2022 20:37
q_20220730213910ea6.jpg

観終わって、「ピート」と言う猫の名前が頭に残っています。
海外原作を日本に移植したとのことですが、スッキリしていて
良かったと思います。細かいことを言っても切が無いと、言わせて
しまうだけの内容だったと思います。

山崎賢人の作品は初めて観ましたが、スッキリしていて好印象でした。
これなら、キングダムも行けるかな?と思ったりして。
キングダムは、アニメをちょっと前まで観倒していたので、どうしても
そっちの話がしたくなりますが、話を元に戻して・・・。

僕は、文系人間なのでこうした研究の結果を目の当たりにした際に、
どう感じてどうしたいと思うのかが分かっていません。
会計をやっていますが、理系も答えが絶対に有るので、その点では、
同じようなものなのかも知れません。ただ、それを扱うのは、人間なので
そこは人として時間をどう考えるかって考えたら、それは人によって、
時代によって違うとは思います。

今になって思うのは、かつて「モラトリアム」と言う言葉で一括りされた
事が、「もったいないなー」と思うようになっています。また、例えば、
ゲームやパチスロにハマった時間はもったいなかった、帰ってこない
大量な時間を返せと昔の自分に言いたいです。
刻々時間を消費している実感めいたものが、今は、すごく感じていて、
時には焦ったりして、人ってこんなにも変わるんだと自分のことながら
驚いてしまいます。

この作品にまたまた戻しますが、最初に、「過去は不確か」とホーキング博士の
言葉が出てきますが、過去は不確か?ですか?なんで?と思ってしまい
ました。
タイムマシンが有る前提なら分かりますが、ホーキング博士ってあの
ホーキング博士ですよね。何故、過去が不確かなのでしょう。未来は
幾らでも、その時その時の自分の決断で変えることはできますが、過去は
変えられないのは当たり前です。

コールドスリープは、今後あり得る事でしょうね。ただ、途中で死んでし
まったとか、そういう事態になったら、責任問題にはなりますね。
そう言う法的な所の整備位でしょうか、足りないのは。勿論、科学的に
そこまで到達はしていませんが。

ヒューマノイドの出現は、まだこれからですね。AIが今急速な勢いで
進化していますから、そのうち人間と同じようなものが出てきそうだとは
思います。

この作品は、一言で言えば漫画のようだと言えるのではないでしょうか。
大谷翔平みたいな。

r_20220730214420366.jpg

評価点   78点
お薦め度 76点

2021年  118分  日本製作

 
 
↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

グレイマン

  30, 2022 17:55
grayman_main_B1.jpg

僕が好きなアクションものなので、最初から意気込んで
観ました。この主人公を演じるライアン・ゴズリング演じる
「シックス」、カッコいいですね。身振りが様になっていて、
自信に満ち溢れている。どちらかと言えば、良い役が多い
イメージがライアン・ゴズリングにはあるので、合っている
と思います。
TGM_20210510_11069r.jpg

ストーリーは極めてシンプル。CIAに属してきた
ものの、機密事項を握ってしまって、CIAから狙われる。その
やられ方と言えば、スゴイアクションの連続で、車あり、飛行機
あり、電車ありで、せわしない、失敬・・・CIAと言うか、
暴走したCIAに居ながらシックスを殺そうとするロイドの追い詰め方
はエグイ。
561507.jpg

シックスと言えど、人間だから、そこそこの強さだと思いきや、
ジェームスボンドよりすごいかも知れない。
それと、全世界を股にかけて移動するのが、これまた普通でいて、
その凄さをより強調しているように思います。
唯一、シックスの弱みは、クレア(女の子)くらいかな。でも、
いざCIAがその気になったら、クレアは殺され、シックスも牢獄
に行くのでしょう。
何か、学びが有るとしたら、Netflixで観たら、この作品は、2022年
7月22日公開なので、公開中に観れている。Netflixってスゴイなと
いう点でしょうか。最近、退会者が増えていて、財政状態が悪くなって
いるのに一役買っているんだと思います。先行公開しても、よっぽど
面白いものをそうしないと、yahooのレビューに滅茶苦茶書かれている
ようでは駄目ですね。「独占配信」を謳いたいのなら、いっそ、ジブリ
作品とか、動画配信サービスをやっていないところを狙わないとですね。
音楽の世界で言うと、山下達郎が、自分の作品は絶対配信サービスは
させないと息巻いているようで、そういうところを狙わないと、じり貧
になるんでしょうね。最近、楽天マガジンの動画配信を申し込んだり
して、雑誌系の情報を得ようとしています。週刊ダイヤモンドや東洋
経済の情報を取ろうと思って。
映画批評をする体で、こんな事書いて何なん?と自分でも思いますが、
インプットが無いとアウトプットが乏しくなるのは当たり前で、本を
書いたり、アウトプットしようとするにはインプットをいかに効率良く
するかってかなり大事だと思います。
この映画に絡めるとしたら、シックスのような素晴らしい肉体を得ようと
したら、幼少期の父親のスパルタが無かったら、シックスは別の人だった
と言う事ですね。スパルタが有ったから、弟がヤバいと思って、親に
手をかけて牢獄に入ったのは作中、本人が回想していますが。
何となく、原作もしっかりしていて、続編の要請が有ったら、作りそうな、
作られそうな気配は感じます。お楽しみに。かな?


評価点   89点
お薦め度 92点

2022年  129分  アメリカ製作

 
 
↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

ゲーム

  24, 2022 19:21
115937_01.jpg

これはやられました。しかも、最後の最後まで。
弟を打ってしまって、飛び降り自殺をするところまで、
信用してしまいました。

ニコラス、マイケルダグラスですが、カッコいいに付きます。
しかし、48歳は「本当に??」と言う感じです。目の周辺が
歳を召していますし、言動が、もうちょっとと言うか、大分
行っていると感じてしまいます。1944年生まれですから、この
作品が1997年作成ですから、53歳です、だから、5歳ほど、サバを
読んでいるってことですね。

それにしても、CRS社のゲームはスゴイ。凄すぎます。それを払える
ショーン・ペン。弟コンラッドも成功者なのでしょうか。
1000万円では済まないでしょう。
The-Game1-320x180.jpg

このゲームは、人間性が出ます。その受けた人が良い人か、性悪な
人かが、周囲に寸分の狂い無く分かってしまいます。ですけど、
こんなゲームは、大富豪か資産家くらいしかできません。請求額を
払えませんね。

最初、人々が、「人生の不満を満たしてくれる」と言っていましたが、
そんな内容にはなっていませんでした。
「自分がどう言う人間かを再認識させてくれる」と言った方が正しいと
思います。そして、私、視聴者の観た後の人生観をも変えさせてくれる
ようなところが有るかも知れません。同じように陥れられたら、自分なら
サンフランシスコまで帰ってこれないだろうとか、弟を殺してしまった
と思いこんだ後、自殺はしないだろうと色々考えてしまいます。

ニコラスが、結局、昔の奥様の所に行って、助けを求めた辺りで、自分が
過去に犯した非人道的な事を後悔していましたが、こう言う再認識させて
くれる辺りが、ゲームの良さだったりするのでしょう。
投資家で財を成してしまった後でも、こうして、精力的に、CRS社を自分で
その存在を調べたりする辺りは、流石、そのバイタリティーたるやスゴイ
と思ってしまいます。
僕だったら、へこたれてしまって、何度も立ち直れない局面が有ったかと
思いますので、同じような行動は取れないと思います。

1997年製作と言ったら、僕は未だ青い時期で、銀行員だったころです。
何を考え、何をしたかったのか、未だ未成熟すぎて、今では怖いくらい
何も一人ではできない頃だった。そう考えると、相当前の映画を今になって
観ていると言うのが実感として分かって来ますが、映画の良さは、こうした
良い映画に出会って、自分や自分の周辺を再度観た時、何か世界が少し
違って見える辺りが、凄く良いものだと思います。

また、マイケルダグラスの渋いところ、観たいものです。

p.jpeg

評価点   88点
お薦め度 90点

1997年  128分  アメリカ製作

 
 
↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

日本のいちばん長い日

  23, 2022 22:12
p_20220723220701b6d.jpg

役所広司の出演映画には秀作が多いとつくづく思います。
この作品もそうです。
役所広司以外にも多数有名な役者さんが出ていますが、うまく
機能していたと思います。

鈴木首相の存在すら僕は知りませんでした。何とも情けない。
逆に、知らない役者さんも随分出ていて、総勢何名出ているんだ
と言うくらい。

201508jld-006.jpg

役所広司と、松坂桃李の映画か!と言うくらい、若い将校役の
松坂桃李の存在が目立ちました。
こんなドラマチックな一日が現実に有ったなんてと思える位、
人の混乱下での心の動きや行動が迫って来ました。
そして、この作品のような混乱があったのにも関わらず、僕等が
聞いたことのある天皇の放送が有ったとは。

それと、日本人の中に、この作品で出て来たような熱い心と言うか、
日本国家を崇拝する魂が有ったのには、何か同調できる部分は多少
有る。産まれた時から動乱下で、戦争の中で育って、教育を受けて、
軍に入ったら、松坂桃李のような考え方の将校が仕上がるのは、
日本人として分かるような気もして、悲しいかな、それが国民性でも
あるでしょうし、この1945年以降の高度成長を成し遂げるだけの
エネルギーにもなっていたと考えると、この作品で人たちが持って
いた魂、日本人としてと言うところで、どうしても、「そうだろうな」
と妥協してしまうところは有ります。

だって、日本人ですから、と言うような感情。「大和魂」と言う言葉が
未だに残り続けるのは、否定しない気持ちがこの言葉が表しているから
だと思います。

体制に反逆するのは悪い事だと知りながら、それを分かって、行動は
起こさなければ、日本人として恥ずべき事と言う考え方。
これは、外人には分からないだろうと思うし、僕も、そう考えると言う
事は、日本人で有るのを誇りに思っているからに違いないし、それを
否定する気持ちもないです。

最近の若者は、軟弱になっていると言うのは感じます。ただ、どこか
に、最近の若い人にも大和魂が有ると信じたいし、信じています。
大和魂と言うか、日本人としての誇りと言った方がより的を得ている
かも知れません。
こう言う過去を振り返る時間は中々無かったので、今一度、この作品
で、色んなことを考えさせられました。観て良かった!

q_202207232209386fe.jpg

評価点   85点
お薦め度 87点

2015年  157分  日本製作

 
 
↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

終の信託

  18, 2022 16:16
T0013636p.jpg

「ついのしんたく」って読むんですね。読めませんでした。
一番驚いたのは、草刈民代が東大医学部卒と言うところでした。
・・・こんなに喜怒哀楽をすぐに出すような感情的で情緒不安定な人が
東大医学部??と言った感じです。

浅野忠信のような素行の医者はごまんといると思いますが、周防監督も
奥さんにこんなことさせるかね。しかも、映画の流れ的にここまで出す
必要はそんなに無いと思いますが。草刈民代(折井綾乃)は、浅野(高井)
の「結婚するなんて言ったっけ?」と言った事で、自分は遊びだったと
悟り、半分自殺めいた行動を取りました。この辺りは、世の中の悪い側面
に慣れていない優等生が陥りそうな事なので、理解できました。


R_20220718160920ffe.jpg

役所広司(江木泰三)は、良いタイミングで折井の前に現れて、自分勝手
に死んでいきました。遺書も書かず、残された人に迷惑を掛けないようにと
言いながら、思いっきり大胆に。生きていた時は、そんなに悪い人、
付き合いずらい人には見えませんでしたが、誰が見舞いに来ることも無く、
自分がダメになったら、すぐに死なせてくれと、医者の折井に依頼します。
殆ど、家族には話さず。後々、折井がこう言う殺人の被告人になるって
思わないかね。それだけ、信じていたって言う事ですか。信じていたって、
遺言書くらいは書きますよね。それが後になって、ノートを取っていたことで、
皆が知るだろうと思っていたんでしょうか。
164655.jpg

それにしても、大沢たかお演じる塚原って、嫌な奴ですね。検事ってこんな事
が横行するなら、世も末です。殺人に至る経緯を自分で推測で書いて、
折井に押印をもらって。

でも、僕はこの事件は、殺人だと思いました。
呼吸器を取った時は、江木はかなりの勢いで、苦しんでいたんです。
数カ月単位で、「もう駄目だ」と判断するような医者は医者ではないと思います。
本人の希望とは言いながら、実行するのは早すぎだと思います。それに、折井は、
家族に対する言葉も少なすぎて、誤解を招くに決まっています。こんな女性が
担当医だったら、家族も何か嫌な感じがすると思うんですけど
(スケベ目線で見てしまう。奥様は特に何か有るかもとチラッとでも感じなかっ
たんでしょうか?)。
164657.jpg

何やかんや思うところがたくさん出てきて、この作品って事実を映像化した
割には、全てが浅はかだと思います。最初は、「重たい映画だろうな」とは
思いましたが、「出演者の考え方が全て浅薄。出直して来い!!」と言う
感じがします。


評価点   78点
お薦め度  75点

2012年  144分  日本製作

 
 
↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

INTERCEPTOR/インターセプター

  16, 2022 18:12
__20220716180641d89.jpg

思っていたより、アクションが凄く、女性大尉が一人で立ち向かう姿は、
英雄的ですら有りました。
流れとしては、ロシアの核ミサイルが盗難されます。そして、テロリスト
と思しき連中から16都市を壊滅すると言う声明が出されます。一方で、
コリンズ大尉は、アメリカ国防省相から任務を外され、太平洋にある
孤立した核ミサイル迎撃基地の指揮を執る事を命じされます。大尉と、
そのテロリストが核ミサイルを発射したのを迎撃されないよう、その迎撃
基地を乗っ取る戦いをすると言った内容になります。アメリカの威信と言うか
市民を巻き込むか、それを阻んで平和裏に解決するか。その規模感や
忙しい展開は十分伝わってきました。また、その臨場感でハマってしまい
ました。久々に、没頭しました。流石、Netflix単独配信映画です。
「お金かかっているだろうな」感は有り、最後まで緊張した雰囲気が有って、
大尉の勇敢さを感じました。迎撃ミサイルのコントロール室を何とか占拠
されないようにするのも大変。仲間だと思っていた中には、裏切り者がいたり、
先方は強い連中で人数も多数いて、バーナーみたいなものを使って、コント
ロール室を開けようと先方は試みます。どうやって阻むのかが楽しみでも有り、
色々考えてしまいます。大尉は、「殺されてもドアは開けない」とは言いますが、
どうやって?
2

一基発射され、それはどうにか阻みますが、後15基有るのですから。犯人は、
自分の過去を話し出した時に、自分の人格の歪みを説明しています。父を
殺された話。そうこうしているうちに、迎撃基地がいざと言う時に、自沈する
よう設計されているんですが、これまた、「沈没まで何分何秒」と煽ってきます。
時間がドンドン無くなるうちに、大尉は、自分の持っている全ての経験を生かして、
対決していきます。素晴らしい。
犯人は、テロリストでもサイコパスでもないのが分かります。その後ろには大きな
組織が有るのが分かって来ます。本人は、単なる金儲けでした。大尉の優しい
父親が犠牲になったり(最後に生きているのが分かって良かったですが)。
15基全てを迎撃する事に成功して、犯人は失敗した事で逃げようとします。
潜水艦がどこからともなく現れます。それは、ロシアの潜水艦でしたが、犯人は
迎えが来た、助けてくれると思ったのですが、銃撃されて殺されてしまいます。
尻尾切りです。

大きな話でしたが、それに負けないくらい、お金が掛かっている感が有り、
ちっぽけな基地で起きたことでは有りましたが、物足りなさは無かったです。
アクション好きにはお薦めです!

main_20220716180913146.jpg

評価点   84点
お薦め度 85点

2022年  98分  アメリカ製作

 
 
↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

モービウス

  26, 2022 21:07
176397_01.jpg

こんなに公開が近い映画を動画配信で観る事ができて
良いのでしょうか。2022年4月1日公開の作品です。
しかも、かなりのお金の掛けようを感じる位、手が込んで
います。

マイケル・モービウスが生れながらにして血液の難病を
持っており、その治療として、コウモリから採取した
血清を使うあたりが、かなり、後々の悪い展開を予知
できるものとなっています。

「私達には時間がない」とマイケルが言うように、自分が
人体実験になって、その治療薬を試すには余りに危険すぎます。
しかも、人体実験の前のネズミでの実験では、一旦死んだ、
失敗したと思った後に、そのネズミが生きていた!と言う辺りも
危険な空気があります。

実験は、成功したのですが、身体に投与した後は、記憶が無くなり
その間に、血が欲しくてたまらなくなり、人を襲って血を吸う
危険性があるのに気が付きます。

マイケルはただただ、自我が目覚めて、またお腹が空いて、血が
欲しくなるまでに6時間あるのが、どんどん短くなっていくのを
憂いて、そのうち人口血液では済まなくなって、人を襲う事が
怖くなって行きます。

マンハッタン拘置所に送られますが、そこに小さい頃からの友人
であるマイロが来てくれます。本当であれば、自分とマイロを
助ける為に考えた治療薬でしたが、そんな危険なものは友人には
あげられないのですが、マイロはマイケルがいないときに、
その治療薬を自分に投与して、強力な肉体の持ち主になっていました。
558099.jpg

ここで、友人との間がおかしくなり、マイロは悪役、マイケルは
正義の味方のような構図になります。

間に、マルティーヌ(中村アン似の女性)を挟んで、その友達同士は
考え方の違いで戦うと言う何だかなー的な流れになります。
しかし、吸血鬼がこんなに強かったら、スーパーマンでも連れて
来ないと勝てないでしょう。

終わりの方で、マイケルは自分とマイロを今の状態から戻すと言うか
打ったら死んでしまう、人間にも聞くような薬を作ります。
それがまた、結構簡単に出来てしまうんです。

マイケルとマイロは戦いながら、最後にマイロにその薬を注入して
マイロは死にます。
で、ここで死んだはずのマルティーヌが生き返り、何だか続きそうな
感じで、この作品は終わります。絶対、次回作は有るでしょう。
ですが、この作品、興行的にどうなんでしょうか。

morbius-post-credit-thumb_202206262104181fb.png

評価点   78点
お薦め度 76点

2022年  104分  アメリカ製作

 
 
↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

ラプラスの魔女

  25, 2022 20:20
p
東野圭吾の書籍の三池崇史監督作品??これが??
と言うのが率直な印象。

櫻井翔に広瀬すず、福士蒼汰、志田未来、玉木宏、
リリーフランキー、豊川悦司。そうそうたるメンツ
です。そ・それが、この作品ですか。

広瀬すずは、かわいいと言われますが、私はそんなに
好きではない。むしろ、お姉さんの方が好きです。
最近、めっきりドラマに出まくっていますが、どんどん
好きになっています。それはそうと、この作品。
その広瀬すずが始まってすぐに意味深な登場をします。
SAKUHIN015486_1.jpg
櫻井翔は、大学の教授です。こんなに若い教授ってそんな
にいますか??超優秀ですね。
そこに、かのラクダ男=玉木宏が刑事役で登場します。
最初は、ストーリーが凄く分かりやすいのですが、中盤から
後半に掛けて、どんどんSFチックなものになっていった感
が有ります。

ある人が死ぬ事故か他殺か分からない2件の事件を解明
しようとする櫻井翔が、温泉町で死因を考える所で、
櫻井翔と広瀬すず、玉木宏が各々の理由(櫻井翔は専門家と
して硫化水素でどうやって死に至ったか)で相まみえます。
laplace_DSC7883_2.jpg

「硫化水素」と言うのが一つの共通ワードです。
広瀬すずは、リリーフランキーの娘で、その元から逃げて
来たのが分かります。高嶋政伸がそのSPのような役で
出てきます。勿体ない使い方!

「硫化水素」と同じく共通ワードと言うか、キーワードになる
のが、豊川悦司がやった「甘粕才生」と言う名の映画監督の名前。
硫化水素で家族を失ったと言う甘粕才生。家族で残った
長男の福士蒼汰演じる甘粕謙人(けんと)は、生き残ったと言っても
1%の成功率の手術で、何とか命は取り止めはしましたが、
口も利けない重症でした。

と、ここまでは一貫して、すぐに解決するんだろうなと思わせて
おいて、例えば、サイコロの出る目が確定する前に予測できる
と言う能力をけんとが持っていたと言う事が分かった辺りから、
奇々怪々なサスペンスなのかSFなのか、パロディーなのか不明な
域まで一気に行ってしまいます。

心の中は、まぁくだらない、こんなに有名人を集めてこの内容。
櫻井翔は、教授と言うよりアフラックだし(意味不明)、
佐藤江梨子は、なぜ最後まで生きているのかも分からないまま、
終わりに近づいていきます。

「未来が分からないから人は夢が持てる」とは、リリーフランキー
が言った言葉です。


なんじゃ!こりゃ!


評価点   72点
お薦め度  70点

2018年  115分  日本製作

 
 
↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

未成年

  31, 2021 16:51
183615_01.jpg

 キム・ユンソクは、結構、韓国の主たる作品には出演し
ている役者さんですが、本作品は、監督、脚本もやって
います。「未成年」と言う少し扱いが難しい内容の作品
をうまく製作されたと思います。
 ヨム・ジョンアを奥さんに、キム・ソジンを愛人に、
うまく配置し、その子供として、多感なキム・へジュン、
パク・セジンを当てています。キム・ソジンは、不倫な
どしないような配役ですが、こういう人が愛人になった
場合、人知れず、身ごもった子供を相手に言わないで
産んだりするもんなんですね。内に秘めた熱いものがある
んだろうと思います。一方、奥さんは既に知っていて、
「冷めてる感」「もう君は既に死んでいる感」がスゴイ
伝わって来ます。観ていて怖いです。子供が成人したら
慰謝料をもらって別れますって感じです。よくあるパタ
ーンですが、その子供が主題の本作品は、キム・へジュ
ン、パク・セジンがこれまた思考が付いていけない、こ
れが今どきなのか、親が冷戦をしていると言うのに、結
構仲良く、やっています。
1b2c01147c3ad01e986cd9d35e6b5a04.jpg

 キム・ユンソクが、娘に見つかって、逃げ惑う姿はどう
にも情けないもので、不倫の仕打ちを受けていると言う
のか、男性のみじめさと言うのか、僕は、「こんな親は
嫌だ」「こんな男は嫌だ」と思ってしまうような光景を
少しコミカルに演出しています。
1016634_02.jpg

 どうしても、道理にかなっていないと言うのか、理解に
苦しむのが、産まれ出た赤ちゃんの遺骨を飲むシーン。
どうして、そんな事をしたのだろう。何故、そういう事
ができるのだろうと何度も考えましたが、二人とも、分
かってやった事なので、「いつも赤ちゃんは一緒だよ」と
赤ちゃんに言ったんだと思います。赤ちゃんがどういう
父と母の間に産まれたのかは知っている事だし、赤ちゃ
んが、自分の意思とは別に死んでしまったのは、赤ちゃ
んには罪が無いという二人の認識が一緒だったという事
だったと、自分は理解しました。不倫っていうのは、洋の
東西問わず、誰も喜ばないという意味では、悪ですね。
必要ではないので、必要悪とは言いません。
 キム・ユンソクは、これからどんどん映画を撮って行く
のでしょう。本作品はデビュー作としては、好成績だった
と思います。



評価点 83点
お薦め度 83点

2019年  96分  韓国製作

 
 
↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

What's New