FC2ブログ

ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE

解説
ルパン三世と名探偵コナンという国民的キャラクターがコラボレートし、秘宝チェリーサファイアをめぐりルパンとコナンが対決を繰り広げるアニメ、チェリーサファイアを盗むことに成功したルパンと巨大組織の陰謀に、海外アイドルの脅迫事件なども絡み、ルパン一味の計画を阻止すべくコナンが推理を展開する。栗田貫一や高山みなみといった両作品のレギュラー声優のほか、ゲスト声優として内野聖陽と夏菜が参加。ルパンとコナンの奇跡の対決は、ファンならずとも必見。

製作年度:2013年
上映時間:107分
監督:亀垣一
原作:モンキー・パンチ青山剛昌
脚本:前田淳
音楽:大野雄二大野克夫
出演(声優):栗田貫一高山みなみ小林清志浪川大輔

T0017645p.jpg

【無料動画】 【公開予告】 【Wikipedia】 【画像検索】

捕まえる側と捕まえられる側と言う本当に役割がはっきりしている両者の対決は興味深い。ただ、ルパンは、これまで何度もなんでも有りの難局を乗り越えてきているので、結論はある程度読めた。とは言え、子供さんなんかには、興味をそそる対決と捉える事が出来ると思うし、楽しみでも有る筈。内容はともあれ、楽しく観れたら良いのかなと思う。

評価
★★☆☆☆
お薦め度
★★★☆☆

新宿スワン

解説
ベストセラーを誇る和久井健の漫画を実写化したドラマ。新宿の歌舞伎町を舞台に、スカウトマンの青年がさまざまな女性を水商売、風俗、AVといった世界へと送り出しながら奔走する姿を追う。監督は『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』などの園子温。『そこのみにて光輝く』などの綾野剛、『闇金ウシジマくん』シリーズなどの山田孝之、『ヘルタースケルター』などの沢尻エリカ、『あしたのジョー』などの伊勢谷友介と豪華な面々が結集。彼らが織り成す濃密な展開に加え、園監督ならではの鮮烈なタッチにも注目。

製作年度:2014年
上映時間:139分
監督:園子温
原作:和久井健
脚本:鈴木おさむ水島力也
音楽:大坪直樹
出演:綾野剛山田孝之沢尻エリカ伊勢谷友介金子ノブアキ

poster2_20160730203906005.jpg

【無料動画】 【公開予告】 【公式サイト】 【Wikipedia】 【画像検索】
9784063613704_l.jpg

予想が完全に裏切られた。もっと面白くないと思っていたのに、かなり身を乗り出して観てしまった。綾野剛、山田孝之、伊勢谷友介と、皆役柄を違和感なく演じていて、どっぷり漬かってしまった。私は、基本的はこうしたバイオレンスでも、若い人が主となってやり合うのが好きである。すっぽりハマってしまった。しかし、沢尻エリカの存在が分からない。あれは要るのか、と思ってしまった。私のお薦めの映画に入るのがまた一つ増えた。

評価
★★★☆☆
お薦め度
★★★★☆

永遠の0

解説
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。主人公の特攻隊員役に、『天地明察』『図書館戦争』などの岡田准一。現代に生きる孫に三浦春馬がふんするほか、井上真央や夏八木勲など若手からベテランまで多彩な俳優が共演する。生と死を描く奥深い物語はもちろん、サザンオールスターズによる心にしみる主題歌にも注目。

製作年度:2013年
上映時間:144分
監督:山崎貴
原作:百田尚樹
脚本:山崎貴、林民夫
音楽:佐藤直紀
出演:岡田准一三浦春馬井上真央濱田岳新井浩文染谷将太

51BNWh0rDKL.jpg

【無料動画】 【公開予告】 【原作書籍】 【Wikipedia】 【画像検索】

映画は、映画館に観に行ってはいないが、早く観たかったのが、今回希望が叶った。この映画は、ゼロ戦の美学を感じさせる映画だ。岡田准一は、良い演技はしているが、映像美が素晴らしくて、「よくぞここまで撮ったものだ」と思った。岡田がどうしてこうした行動に出たのか、未だに分からない。特攻に何人も送り込んでおかしくなったのか、そんな自分が元のさやに戻る事はできないと思ったのかは分からない。私だったら、死にたくないし、このような行動は取ってはいない。それでも、この映画は評判以上に素晴らしいの一言だ。皆さんにも観て頂きたい。

評価
★★★☆☆
お薦め度
★★★☆☆

イニシエーション・ラブ

解説
ベストセラーを記録した乾くるみの小説を実写化した、異色のラブストーリー。恋愛下手の大学生と歯科助手の出会いを描く「Side-A」、遠距離恋愛を経て彼らの関係が終わるさまを追う「Side-B」の2部構成でつづられる。監督は、『20世紀少年』シリーズなどの堤幸彦。主人公の男女を、『ライアーゲーム』シリーズなどの松田翔太と『もらとりあむタマ子』などの前田敦子が快演。ラスト5分でラブロマンスからミステリーに転じる作風に意表を突かれる。

製作年度:2015年
上映時間:110分
監督:堤幸彦
原作:乾くるみ
脚本:井上テテ
音楽:ガブリエル・ロベルト
出演:松田翔太前田敦子木村文乃森田甘路三浦貴大

20150209-initiationlove_v.jpg

【有料動画】 【公開予告】 【DVD】 【Wikipedia】 

基本のストーリーのみの映画だが、なかなか面白かった。ここまでの映画は、最後がすごいだけに印象に残るだろう。前田敦子は、あの声と言い、甘えん坊のようだが、それとは別の顔がこの映画で感じることができて、愕然とする。ストーリーが面白いとこのような素晴らしい映画になる。映画三昧生活をしている自分としては、こう言う至福の時を得る事ができて、これが醍醐味だ。

評価
★★★★☆
お薦め度
★★★★☆

バクマン。

解説
「DEATH NOTE」の原作コンビ、大場つぐみと小畑健によるテレビアニメ化もされた大ヒット漫画を、『モテキ』などの大根仁監督が実写映画化した青春ドラマ。性格の違う高校生2人がタッグを組み漫画家への道を歩んでいくさまを、大根監督ならではの巧みな映像表現を駆使して描く。週刊少年ジャンプでの連載を目指して日々奮闘する漫画家コンビには、佐藤健と神木隆之介。実在の漫画作品や出版社が実名で登場するほか、劇中使用される漫画の原稿を小畑自身が描いている。

製作年度:2014年
上映時間:119分
監督:大根仁
原作:大場つぐみ小畑健
脚本:大根仁
音楽:サカナクション
出演:佐藤健神木隆之介、染谷将太桐谷健太新井浩文

news_xlarge_bakuman_poster.jpg

【有料動画】 【公開予告】 【Wikipedia】 【画像検索】

マンが好きにはたまらない。私は、昔漫画家になりたかったので、かなりどっぷり入り込んでしまった。ただ、内容が思った以上に無かったのが残念だ。これだけ、佐藤健、神木隆之介と言う役者さんを使うまでもない内容だった。がらっと変わるが、それと、使っている漫画がかなりレベルが高い。少年ジャンプの高さをも感じた。これだけうまく書けても、佳作とは。そう言う驚きは有った。友情を最後に持って来たのは良かった。何もなく、これで終わったら何のことやらと言うところだった。それでも、私にはかなりお気に入りの映画となった。

評価
★★★☆☆
お薦め度
★★★☆☆




脳内ポイズンベリー

解説
テレビドラマ「失恋ショコラティエ」などで知られる水城せとなの人気コミックを実写映画化。7歳下の男性と年上の男性とのややこしい関係に苦悩するアラサー女性の脳内世界で、さまざまな役割を持つ脳内会議メンバーが討論を繰り広げるという異色の設定で描く。ヒロインは真木よう子、彼女の脳内世界で会議を取りまとめる議長役にテレビドラマ「MOZU」で真木と共演した西島秀俊。そのほか古川雄輝、神木隆之介、浅野和之ら、多彩なキャストが集結。

製作年度:2015年
上映時間:121分
監督:佐藤祐市
脚本:相沢友子
音楽:井筒昭雄
出演: 真木よう子西島秀俊古川雄輝成河吉田羊

poster2_2016072417311912f.jpg

【無料動画】 【公開予告】 【Wikipedia】 【画像検索】

余りにも、漫画臭ぷんぷんな映画だった。操縦ロボットのような印象が有るので、男性はこうしたメカニック?な内容は好きかも知れない。ただ、ストーリーが一面的で、大体読めるような単純なところが、良くも悪くもかなり感じられる為、つまらないと思った人には、とことんつまらないかも知れない。せっかく、この映画の設定が有るのであれば、原作を多少外れても、より面白くはできたかと思う。むしろ、内容を変えた方が面白かったと感じる。原作は読んでいないが。真木よう子は、30歳にしては色気があるものの、こうした脳内で決まった事を元に動くような単純な雰囲気を持った女優ではないので、ミスマッチだと思う。ただ、原作を見て、この映画に興味がある人は観るに値するかも知れない。

評価
★★☆☆☆
お薦め度
★★★☆☆

ストレイヤーズ・クロニクル

解説
本多孝好のベストセラー小説を実写化したアクション。極秘実験で視力・聴力・筋力などが常人よりも発達した青年が、謎の殺りく者集団との激闘を繰り広げながら自身の秘められた宿命と対峙(たいじ)する。メガホンを取るのは、『へヴンズ ストーリー』などの瀬々敬久。『悪人』などの岡田将生と『寄生獣』などの染谷将太が、導かれるように激突する異能力者たちを快演。その脇を、成海璃子、豊原功補、石橋蓮司、伊原剛志らが固める。スリリングなストーリーに加え、岡田が繰り出す体を張った渾身(こんしん)の見せ場にも熱くなる。

製作年度:2015年
上映時間:126分
監督:瀬々敬久
原作:本多孝好
脚本:喜安浩平瀬々敬久
出演: 岡田将生染谷将太成海璃子松岡茉優高月彩良

strayers_large.jpg

【公開予告】 【オフィシャルサイト】 【Wikipedia】 【画像検索】

私は、この手の映画が好きだ。予告を観てすぐに「これはのめり込みそう」と思ったが、実際に観てもそう思えた。さらに、岡田将生も出ているので、感動した。ストーリーは、かなり練られていると感じた。CGもかなり駆使されている。ただ、言葉足らずで、何なのか分からないところはかなり有った。染谷将太の存在はすごい。自分の世界が半端ない。

評価
★★★☆☆
お薦め度
★★★★☆

ルート225

解説
芥川賞作家、藤野千夜の同名の書き下ろし長編を映画化した、不思議な魅力に満ちたファンタジー。主演は『HINOKIO』や『青空のゆくえ』などの話題作への出演が続く多部未華子。その弟役にはこれが映画初出演の岩田力。この2人の自然体の演技が、ごく普通の姉弟がほんの少しだけ元の世界とズレたパラレルワールドに迷い込むという物語に説得力を持たせている。決してハッピーエンドではないが、いつでも前向きにたくましく生きる子どもたちの笑顔に救われる。

製作年度:2005年
上映時間:101分
監督:中村義洋
原作:藤野千夜
脚本:林民夫
音楽:江藤直子
出演:多部未華子岩田力、雀洋一、梅沢昌代田中要次石田えり

114256271315820657.jpg

【公開予告】 【Wikipedia】 【DVD】 【画像検索】

パラレルワールドを、映画で使うには相当テクニックがいると思っている。何でも有りうるからだ。それも、パラレルワールドの有り方も種々多様なので、入り込める映画であるためには、ストーリー性も大事だし、パラレルワールドが有ると分かっていても、何ら内容に満足できれば問題は無い。それが、中途半端な映画の場合は、何をやっているのか分からない。この「ルート225」は、何をやっているのか分からない。15歳だから何なんだろう。何が起こっても不思議は無いと言う事なのだろうか。

評価
★★☆☆☆
お薦め度
★★☆☆☆

夜のピクニック

解説
全国の書店員が選ぶ第2回本屋大賞を受賞した、恩田陸の同名ベストセラー小説を映画化した青春ドラマ。24時間かけて80キロを歩く学校行事を通し、高校生の友情や葛藤を描いたのは、『ココニイルコト』『青空のゆくえ』の長澤雅彦監督。出演は『HINOKIO ヒノキオ』の多部未華子、『蝉しぐれ』の石田卓也、『花とアリス』の郭智博など、期待の若手俳優たちが顔をそろえた。ひたすら歩き続ける中で自分と向き合い、成長していく彼らの姿が清々しい。

製作年度:2006年
上映時間:117分
監督:長澤雅彦
原作:恩田陸
脚本:長澤雅彦三澤慶子
音楽:REMEDIOS DAKOTA STAR
出演:多部未華子石田卓也郭智博西原亜希貫地谷しほり

maxresdefault.jpg

【無料動画】 【公開予告】 【Wikipedia】 【画像検索】

この映画は、何を言いたいのか。内容が無さ過ぎて、戸惑った。10年前の映画で、原作が有るとは言いながら、このストーリーならわざわざ映画化は必要は無かったのではないか。多部の良さや、石田の良さが全くと言って、没個性化していて、脚本もしっかりしていない、そんな映画だった。出演者のファンなら未だしも、映画好きには物申したいと思うに違いない内容だ。

評価
★☆☆☆☆
お薦め度
★☆☆☆☆

ピース オブ ケイク

解説
映像化もされた「恋文日和」「平凡ポンチ」などで知られ、女性たちの熱い支持を集めるジョージ朝倉の人気漫画を実写映画化。個性派俳優としても活躍する田口トモロヲがメガホンを取り、脚本は『色即ぜねれいしょん』でも田口監督とタッグを組んだ向井康介が手掛ける。恋愛に依存し流されるままに男性と付き合ってしまうダメ女の主人公に、『君に届け』などの多部未華子。彼女と恋人との間で揺れ動く年上の男性を、『シャニダールの花』『そこのみにて光輝く』などの綾野剛が演じる。

製作年度:2015年
上映時間:121分
監督:田口トモロヲ
原作:ジョージ朝倉
脚本:向井康介
音楽:大友良英
出演:多部未華子綾野剛松坂桃李木村文乃菅田将暉

pieceofcake_poster_large.jpg

【有料動画】 【公開予告】 【原作本】 【DVD】 【Wikipedia】 【画像検索】

こう言う女性目線の映画も珍しい。ただ、女優 多部の色々な意味での覚悟を感じた。女優魂ですが、綾野剛もかなりいつもと別な性格の役を演じられるのに驚いた。ストーリー性は無いが、時間が有ったら観に行って、そんなに損はしないと感じられる映画。

評価
★★☆☆☆
お薦め度
★★★☆☆

アンフェア the special コード・ブレーキング - 暗号解読

解説:
2006年の冬に放送されたフジテレビ系ドラマ「アンフェア」が、10/03に「アンフェア the special コード・ブレーキング-暗号解読」として帰ってきました。「世の中には、フェアなことなんて何も無い。目には目を。復讐には復讐を。アンフェアには、アンフェアを。」のオープニングも健在で、本編での事件解決から9ヶ月後の状況が描かれた。

製作年度:2006年
上映時間:120分
原作:秦健日子
脚本:佐藤嗣麻子
音楽:住友紀人
出演:篠原涼子瑛太阿部サダヲ濱田マリ加藤雅也

blog_import_508972da09151.jpg

【無料動画】 【Wikipedia】 【画像検索】

やはり、このシリーズは全部時系列に観ないと、あまり踏み込めない。篠原涼子がドライすぎて、「何かっこつけてるの?」としか映らない。私の誤算は、大体このシリーズは観たが、順番がバラバラだと言う事だろう。意味があまり頭に入って来なく、理解に苦しむところが大きい。ファンにとっては、最高に面白いところも分からないので、私にこのシリーズを評価する資格は無いと感じた。

評価
★☆☆☆☆
お薦め度
★☆☆☆☆

味園ユニバース

解説
関ジャニ∞の渋谷すばるが初めて単独で映画主演を果たした人間ドラマ。渋谷がふんした歌う以外の記憶を喪失した男が、とあるバンドマネージャーの少女と関わりを持ったことで過去と向き合い、自らを見つめ直す姿を描く。彼と行動を共にするうちに自身も変化していくヒロインには、『ヒミズ』などの二階堂ふみ。『苦役列車』などの山下敦弘監督が、大阪のサブカルチャースポットとして知られる味園という土地を舞台にユニークなドラマを作り上げている。

製作年度:2015年
上映時間:103分
監督:山下敦弘
脚本:菅野友恵
音楽:池永正二
出演:渋谷すばる二階堂ふみ鈴木紗理奈川原克己

20150825231422997.jpg

【公開予告】 【DVD】 【Wikipedia】 【画像検索】

私は、感動まではしなかったが、良い感じの雰囲気でこの映画を観る事ができた。すばるは、歌が上手いのはわかるが、それを映画で披露しただけの映画か、と言う印象は有ったが、二階堂ふみとのバランスは、良かった。「おっさん」と言われていた演奏していた方々が異様に演奏が上手かったのには感動したが、それ以上のものは余り無かった。

評価
★★☆☆☆
お薦め度
★☆☆☆☆

Information♪
鑑賞した映画の評価点を勝手に7段階評価しています。作品を個人的な好き嫌いで評価しているので、世間一般に評価とは一致しておりません。アクションが主に好きです。

★★★★★ お気に入り♪
★★★★+ おすすめ!!
★★★★ これは面白い!
★★★+ 普通に楽しめる
★★★ 普通
★★ いまひとつ
★ がっかり・・・
カウンター
映画 ブログランキング
ブログランキング参加中・・・応援クリックお願いします‼
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


映画 ブログランキング


FC2 ブログランキング

映画を観たい方
購入して観る


レンタルで観る
DMM.com

オンデマンドで観る


映画館で観る
チケットぴあ
Information
映画試写会チケットを手に入れたい方
チケットキャンプ

映画のパンフレットを購入したい方
最新記事
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
色々検索
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
202位
アクセスランキングを見る>>
ブログ村ランキング
最新コメント
検索フォーム
最新映画情報
最新映画ランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる