FC2ブログ

シン・ゴジラ 

2017, 03. 26 (Sun) 21:19

解説
『エヴァンゲリオン』シリーズなどの庵野秀明と『進撃の巨人』シリーズなどの樋口真嗣が総監督と監督を務め、日本発のゴジラとしては初めてフルCGで作られた特撮。現代日本に出現したゴジラが、戦車などからの攻撃をものともせずに暴れる姿を活写する。内閣官房副長官役の長谷川博己、内閣総理大臣補佐官役の竹野内豊、アメリカの大統領特使役の石原さとみほか300名を超えるキャストが豪華集結。不気味に赤く発光するゴジラのビジュアルや、自衛隊の全面協力を得て撮影された迫力あるバトルに期待。

製作年度:2016年
上映時間:120分
監督:庵野秀明樋口真嗣
脚本:庵野秀明
音楽:鷺巣詩郎
出演:長谷川博己武野内豊石原さとみ高良健吾松尾諭市川実日子余貴美子國村隼平泉成柄本明大杉蓮

singozilla_sashikae2_201703262050521c9.jpg

【公式サイト】 【公開予告】 【Wikipedia】 【DVD】 【画像検索】

前評判が二分されていたので、興味深々で観たのだが、思いのほか、社会派的な映画に驚いた。こんな映画を良く作ったなと思った。それで、反原発の精神が流れているのを感じた。これほど、実写版の映画を使った大掛かりなメッセージは、気持ちが良い。主役の長谷川博己は、私は個人的にはイヤだが、この正義感は日本人には中々最近お目に掛かれない。それでも、こんな正義感がものすごい役をやってのけたのは、凄いのかも知れない。ようやく、この役者をNG⇒OKになったかも知れない。

評価点 82点
お勧め度 85点

関連記事

0 Comments

Leave a comment