FC2ブログ

解説
『紙の月』などの宮沢りえと、『愛を積むひと』などの杉咲花が母娘を演じ、余命宣告を受けた主人公の奮闘に迫る家族ドラマ。行方不明の夫を連れ戻すことをはじめ、最後の四つの願い事をかなえようと奔走するヒロインの姿を捉える。『チチを撮りに』などの中野量太が監督と脚本を担当し、物語を紡ぎ出す。母親と娘の強い絆はもとより、人生の喜怒哀楽を詰め込んだストーリーに夢中になる。

製作年度:2016年
上映時間:125分
監督:中野量太
脚本:中野量太
音楽:渡邊崇
出演:宮沢りえ杉咲花篠原ゆき子駿河太郎伊東蒼松坂桃李オダギリジョー

5d1dc0dd5752ecdc.jpg



【公開予告】 【公式サイト】 【Wikipedia 【DVD】 【画像検索】

宮沢りえの作品は、結構考えさせられるものが多いが、この作品もそうだった。ただ、表題と内容とがどうしてもうまく絡んでいないような気がする。母親の強さや、想いがメインであるので、銭湯と掛けたような表題はどうだろうか。生死を掛けたような内容なだけに、掛け言葉は合わない。オダギリジーや、駿河太郎など、脇役がかなりな演技で、真実味と共に、重たくない軽やかな雰囲気作りが上手いとは思った。そうした配役は上手かったのだが、もっと違った落とし所も有り得たのではないだろうかと思う。そうは言うものの良い作品だった。

評価点 85点
お勧め度 87点
関連記事
菅原偉夫
Posted by菅原偉夫

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply