FC2ブログ

殺人の告白 

2017, 05. 14 (Sun) 21:23

解説
テレビドラマ「検事プリンセス」「王女の男」などで人気の俳優パク・シフが、初の映画主演をこなしたサスペンス。突然自らの罪を告白した美貌の連続殺人犯と彼を執拗(しつよう)に追う刑事、そして凶行によって愛する人を失った残された者たちの物語を丁寧に紡ぎ出す。タフな刑事を熱演するのは、『黒く濁る村』などのチョン・ジェヨン。犯人と刑事の緊迫感あふれる心理戦や、リアルで躍動感あふれるチェイスシーンに圧倒される。

原題:CONFESSION OF MURDER
製作年度:2012年
上映時間:119分
製作国:韓国
監督:チョン・ビョンギル
脚本:チョン・ビョンギルイ・ヨンジョンホン・ウォンチャン
音楽:キム・ウグン
出演:チョン・ジェヨンパク・シフキム・ヨンエチョ・ヨンエチョ・ウンジオ・ヨンチャン・グアンチェ・ウォニヨン

t02200308_0343048012580955802.jpg

【公開予告】 【Wikipedia】 【DVD】 【画像検索】

この映画は、色々なアクションが盛りだくさんだ。また、人の深層心理や、心理戦略など、色々な楽しみが沢山散りばめられており、久々に観た良い韓国作品の1つと言い切れるものである。最愛の人を亡くした人の心理、人を殺す人の異常なまでの特異性など、これまで、考えが浅かったと思う。また、韓国映画に対する幼稚さを豪語していた自分が情けない。この映画の、どんでん返しなどは、中々邦画でも有り得ないものだ。それにしても、パク・シフの自信に充ち溢れたオーラは、日本人にはいないタイプであり、持って生まれたものであろうと思う。最後の、殺人者を殺めてしまうのは、作品として、仕方のない流れだと思う。最悪の映画では有るが、その中でも、落とし所は弁えている分別のできた素晴らしい映画だと考える。

評価点 87点
お勧め度 86点
関連記事

0 Comments

Leave a comment