アジョシ

解説
2010年に韓国で公開され、その年のナンバーワンヒット作となり、韓国のアカデミー賞ともいうべき大鐘賞で主演男優賞を受賞したほか、計8部門にノミネートされたアクションムービー。心に闇を抱えながら生きる男と、彼と心を通わせる少女のドラマが展開する。主演は『母なる証明』のウォンビン。『冬の小鳥』で絶賛された子役キム・セロンが少女を演じる。ウォンビンが鍛え上げられた肉体で披露する本格アクションも見どころだ。

原題:THE MAN FROM NOWHERE
製作年度:2010年
上映時間:119分
製作国:韓国
監督:イ・ジョンボム
脚本:イ・ジョンボム
音楽:シム・ヒョンジョン
出演:ウォンビンキム・セロンキム・ヒウォンキム・ソンオキム・テフンソン・ヨンチャン

156085_01.jpg

【公開予告】 【Wikipedia】 【ウォンビン】 【DVD】 【画像検索】

圧倒的な力を持っていて、誰もが恐れおののく、ウォンビン役。子供を守ろうと、必死なのは理解できるが、想いとは反比例するほど、残忍な場面が多すぎる。血縁などを大切にするお国柄なのは良く分かるが、ひどい。ヒーローものの残忍バージョンか、キム拓の韓国版か。
20140105_ajyoshi03_min.png
流石、兵役に行っただけあって、たくましいものの、1人がどうしてもクローズアップしているばっかりに、PR映画になってしまっている。ストーリーは、これ以上触れないのだろうが、犯人をこれほどまでに痛めつけるスーパーマンにする必要は有っただろうか。

評価点 85点
お勧め度 87点
関連記事

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。