FC2ブログ

解説
29歳の若さでこの世を去った天才棋士・村山聖の生涯をつづる大崎善生のノンフィクションを、松山ケンイチ主演で映画化。幼いころより患う難病と闘いながら将棋の道を突き進んだ村山の壮絶な人生を、羽生善治をはじめとする同世代の棋士との死闘や、彼を支える師匠や両親たちの愛を通して描く。『宇宙兄弟』などの森義隆がメガホンを取り、『マイ・バック・ページ』などの向井康介が脚本を担当。大幅な体重増量など徹底した役作りに挑んだ松山の熱演が光る。

製作年度:2016年
上映時間:124分
監督:森義隆
原作:大崎善生
脚本:向井康介
音楽:半野喜弘
出演:松山ケンイチ東出昌大染谷将太安田顕竹下景子リリー・フランキー

320_2017051622195894c.jpg

【公開予告】 【公式サイト】 【Wikipedia】 【DVD】 【原作書籍】 【画像検索】



私が思っていたのは、漫画「月下の棋士」の村上聖だった。昔、将棋が好きで、羽生を知り、その際に知った村上聖は、その漫画の村上聖だったので、この映画作品の彼は、少々物足りなかった。原作を読んでいないので、そう思うだけだと思うが、壮絶な死に方をして、今なお映画にもなるのは、凄い人だったと思う。と同時に、かつてヒーローだった羽生が未だに将棋界に君臨しているのは、これまたスゴイと思う。見た目は、凡人以外の何者でもないが、その実、無類の将棋の世界の頂上に君臨する人、漫画みたいな感じである。野球で言えば、大谷のような、有り得ないのを地で行っているのである。こう言うニッチな世界に光を当てるような映画が増えれば良いなと思う。去年は、百人一首がそうだったように、どんどんそうした動きが大きくなって欲しい。

評価点 85点
お勧め度 82点
関連記事
菅原偉夫
Posted by菅原偉夫

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply