何者

解説
『桐島、部活やめるってよ』の原作者である朝井リョウの直木賞受賞作を、演劇ユニット「ポツドール」を主宰する『愛の渦』などの三浦大輔が映画化。就職活動対策のため集まった5人の大学生が、SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする本音や自意識によって彼らの関係性が変わっていくさまを描く。就職活動を通じて自分が何者かを模索する学生たちには佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生といった面々がそろい、リアルな就活バトルを繰り広げる。

製作年度:2016年
上映時間:98分
監督:三浦大輔
原作:浅井リョウ
脚本:三浦大輔
音楽:中田ヤスタカ
出演:佐藤健有村架純二階堂ふみ菅田将暉岡田将生山田孝之

320_20170528222752976.jpg

【公開予告】 【公式サイト】 【Wikipedia】 【DVD】 【画像検索】



これだけ今や時めく役者ばかりが出ているのに、この作品は余りにも普通過ぎる。内容が浅薄である。せめて、もう一ひねりあれば、もう少し納得できた。佐藤健に二面性が有っても、それほど驚かない。有村架純が多重人格なら驚く。そんな感じで、ちょっと途中までは、期待半分で観ていたが、最後に連れてどんどんガッカリして行った。好きな役者ばかりが出ているこの映画。岡田将生や山田孝之を帰せと思った。ただ、題材が就活だったので、私もその経験が有るので、興味は有った。それも、題材と言うだけであったので、ガッカリである。

評価点 78点
お勧め度 75点

関連記事

0 Comments

Post a comment