新宿スワンII

解説
新宿・歌舞伎町を舞台にした和久井健のコミックを、『ヒミズ』などの園子温が監督し、『日本で一番悪い奴ら』などの綾野剛主演で実写化した『新宿スワン』の続編。水商売や風俗、AVなどに女性を送り込むスカウト会社に属する主人公が、勢力拡大をもくろみ殴り込みをかけた横浜を牛耳る最強の敵と衝突し、全面戦争を繰り広げる。綾野や伊勢谷友介らが続投するほか、新たに浅野忠信や広瀬アリス、椎名桔平らが出演。豪華キャストの競演とアクションが見どころ。

製作年度:2017年
上映時間:133分
監督:園子温
原作:和久井健
脚本:水島力也
音楽:大坪直樹清塚信也
出演:綾野剛浅野忠信伊勢谷友介深水元基金子ノブアキ上地雄輔広瀬アリス吉田鋼太郎椎名桔平

C2mBLhYUQAEb_n7.jpg

【公式サイト】 【公開予告】 【Wikipedia】 【DVD】 【画像検索】



監督が、園子温とは、最後まで知らなかったが、観てて面白かった。今回の作品は、綾野剛が主人公ではあるが、ストーリーの大半は、抗争だったので、「新宿スワン」っぽくなかった。それにしても、この映画は、役者せい揃いであったし、ストーリー性も良くて、私の中では、かなり楽しめた。だた、広瀬アリスの登場は、最後までその意味を理解できなかった。ホステスにしては、田舎っぽくて、若干、太めなのが気になったが、それでも、話題作りなのだろう。ハッピーエンドに花を添えるような結末に、嬉しさ半分、今後も続くんだろうこの「新宿スワン」シリーズ。私は、どこまで楽しめるのだろう。

評価点 86点
お勧め度 87点
関連記事

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。