FC2ブログ

解説
死んだ人間と謎の星人とのバトルを描く奥浩哉によるコミックを基に、人気の高いエピソード「大阪篇」をフル3DCGで映像化したSFアクションアニメ。加藤勝をリーダーに東京と大阪のガンツチームがタッグを組み、妖怪軍団に立ち向かう。加藤の声には、人気声優の小野大輔。総監督に『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』などのさとうけいいち、監督に『エクスマキナ』などに携った川村泰が名を連ねる。迫力ある映像で表現される異形の敵とのバトルに期待が高まる。

製作年度:2016年
上映時間:96分
監督:川村泰
原作:奥浩哉
脚本:黒岩勉
音楽:池頼広
出演:小野大輔M.A.O郭智博早見沙織

320_20170625181908fea.jpg

【公式サイト】 【公開予告】 【Wikipedia】 【DVD】 【画像検索】



実写より幾分も良いと思われる部分が至る所に有った。実写で有れば、不可能な動きや大阪の道頓堀を破壊しつくす光景など恐らく観れないだろうが、それにしても、ここまでアニメが進化しているのは久しぶりに驚いた。ファイナルファンタジーちっくな動きは有るが、もはやアニメではない。CGなんて簡単な言葉で処理をして欲しくも無い。他方で、人であって人で無いのは、画面からも伝わってくる。劇中に死んだ人と生きている人との区別がどうも付かない。生気が画面から出てこないのだろう。悲しんでいても、悲しんでいるふり、笑ってても笑っているふりに思える。そうしたプラス要素とマイナス要素を加味してみると、どうも、この作品は映画であって映画でないと言う考えもできる。映画は、監督のものであり、監督が生きている証しでもあると思うが、この「アニメもどき」は、監督などのテクニックで作られらた映画的なものだと思う。映画的とは、映画の様なものと言う意味である。しかし、この映画的なものは映画を凌駕するのであろうか。それに対しては、否である。そう思う。演じる者が人で無い限り、そこには限界が有り、相容れないものが有る。そんなこんなを考えさせられた作品だ。

評価点 82点
お勧め度 85点
関連記事
菅原偉夫
Posted by菅原偉夫

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply