見えない目撃者

解説
『バレット・ヒート 消えた銃弾』などのヤン・ミーと『20歳よ、もう一度』などのルハンを主演に迎え、韓国映画『ブラインド』を中国でリメイクしたスリラー。あるひき逃げ事件をきっかけに犯人の標的となる目の見えないヒロインと、彼女と一緒に行動する青年の恐怖体験を描く。オリジナル版も手掛けたアン・サンフン監督がメガホンを取り、『薄氷の殺人』などワン・ジンチュンらが共演。命を狙われることになる彼らの逃避行の行方に固唾をのむ。
原題:THE WITNESS
製作年度:2015年
上映時間:112分
製作国:中国
監督:アン・サンフン
脚本:チェ・ミンスクアンディ・ユンアン・サンフング・シャオバイ
出演:ヤン・ミールハンワン・ジンチュンリウ・ルイリンチャウ・ヤーウエン

169460_02.jpg

【公式サイト】 【公開予告】 【ルハン_Wikipedia】  【DVD】 【画像検索】

アイドル映画云々は抜きにして、この作品は楽しく観れた。ストーリーは、非常に分かりやすく、娯楽性も高いと思う。美男美女がこんなドロドロした世界で繰り広げるストーリーには若干違和感は有るが、それでも、終わりまで一気に観て、しかも埋没できた。観る者を引く内容だったと思う。それにしても、健常者には分からない世界が薄弱者には有り、それを理解できるかできないかは大きな差になると思うが、弱い者の視点で感じられる世間の怖さを本作品は描き切っていると思う。見えないと言う事で、種々苦労する筈が、それを平然として日々を過ごせる人の心の強さは、昨日の日常でも感じさせられたが、社会との接点を求めてもそれに答えられる国の姿勢は問われるだろう。

評価点 75点
お勧め度 78点
関連記事

0 Comments

Post a comment