製作年度:1988年
上映時間:127分
監督:伊丹十三
脚本:伊丹十三
音楽:本多俊之
出演:宮本信子津川雅彦丹波哲郎大地康雄益岡徹桜金造三國連太郎

51JF7ZZB3QL.jpg

【公開予告】 【Wikipedia】 【DVD】 【画像検索】

この手の作品のネタは、人間の私利私欲がうごめく社会が存在する限り無くならない。その意味からは、どんどん作られてもおかしくはない。この作品は、「マルサの女」が大ヒットし、その続編であるが、題材が似通っている感もあり、私はちょっと残念な思いがした。もっとこの才能あふれる伊丹監督であれば、良い作品と言うか、別のフィールドに行っても十分の知識と理解が有ったはずなのにとも思った。この「2」の製作は急いだのだろうか。詳細な部分はもっと練られてもおかしくはないし、そうあるべきだったと思う。それにしても、30年前のこの作品、こんなに古く感じられるものなのか。時代が移り行くのが、映画業界もものすごい波で、作風自体の変化もものすごかったのだろうか。カメラアングルにしても古いを通り越してむしろ新しくかんじてしまうくらいである。

評価点 78点
お薦め度 75点
関連記事
菅原偉夫
Posted by菅原偉夫

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply