FC2ブログ

関西弁にならない関西人の映画批評ブログ

映画を観て、思った事や感じた事を綴って行きます。※ネタバレありです。

Top Page › ★★★+ › エンド・オブ・キングダム
2018-01-08 (Mon)  10:07

エンド・オブ・キングダム

解説
アクションサスペンス『エンド・オブ・ホワイトハウス』の続編。テロ集団が占拠したホワイトハウスを奪還した敏腕シークレットサービスが、今度はロンドンで発生した同時多発テロに挑む。監督は『セッベ』などの新鋭ババク・ナジャフィ。ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマンら前作のキャストに加え、シャーロット・ライリーやジャッキー・アール・ヘイリーらが出演。次々と爆破される建造物、市街地での銃撃戦やカーチェイスなど壮絶な見せ場の連続に圧倒される。
原題:LONDON HAS FALLEN
製作年度:2016年
上映時間:99分
製作国:アメリカ
監督:ババク・ナジャフィ
製作総指揮:アヴィ・ラーナートレヴァー・ショートボアズ・デヴィッドソンクリスティーン・オータン・クロウハイディ・ジョー・マーケルジギー・カマサガイ・アヴシャロム
脚本:クレイトン・ローゼンバーガーカトリン・ベネディクト、クリスチャン・グーデガストチャド・セント・ジョン
音楽:トレヴァー・モリス
出演:ジェラルド・バトラーアーロン・エッカートモーガン・フリーマンアロン・モニ・アブトゥーブル

169722_01.jpg

【公開予告】 【公式サイト】 【Wikipedia】 【DVD】 【画像検索】

ジェラルド・バトラー再びだが、前作と同じようなストーリー。ちょっとうんざりした。アクションや爆破の場面は確かに迫力は有るが、前作の事を考えたら、もう少しひねりが欲しかった。アーロン・エッカートもまた、前作同様、大統領らしからぬ感が出ていて、「誰?」と言う気がした。アクション大好きな私としては、この作品はバランスと言う点では優れていたとは思うが、前作を軽く超えてくれるような出来ではないのが歯がゆい。ダイ・ハードばりの活躍のジェラルド・バトラーの身体能力や洞察力には頭が上がらないと言ったら嫌味だろう。次回作で、名誉挽回をして欲しいと思う。

評価点 78点
お薦め度 80点
関連記事

最終更新日 : 2018-01-08

Comment







管理者にだけ表示を許可