マックス・スティール

解説
世界的な玩具メーカー、マテル社の人気アクションフィギュアシリーズを実写映画化したSFアクション。16歳の少年がエイリアンと一体化することでスーパーヒーロー、マックス・スティールに変身し、驚異的なパワーを駆使して陰謀に立ち向かう。監督は、『スプラッター・ナイト 新・血塗られた女子寮』などのスチュワート・ヘンドラー。主人公マックスに、テレビドラマ「天才学級アント・ファーム」などのベン・ウィンチェルがふんするほか、ベテランのマリア・ベロ、アンディ・ガルシアらが脇を固める。
原題:MAX STEEL
製作年度:2016年
上映時間:92分
製作国:アメリカ
監督:スチュワート・ヘンドラー
製作総指揮:チャーリー・コーエンデヴィッド・ヴォスダグ・ワドリー
脚本:クリストファー・L・ヨスト
出演:ベン・ウィンチェルマリア・ベロアナ・ビチャファーニェジョシュ・ブレナーアンディ・ガルシアマイク・ドイル

image_20180313205758194.jpg

【公開予告】 【DVD】 【画像検索】

私は、この手のヒーローものは好きだ。ただ、この作品は、ストーリーがあやふやで、残念感が観た後残った。アンディ・ガルシアが出ていたのには驚いたが、それくらいが心動かされた部分で、後は何てことないCGをふんだんに使った作品と言う印象である。この作品のポスターを見て、映画を観ようと思った人には最悪だったのではないだろうか。私は、良かったのはTSUTAYA DISCASでしかもポイントで観れたので、そんなに痛くはなかった。そんな程度の作品だった。

評価点 78点
お薦め度 75点
関連記事

0 Comments

Post a comment