FC2ブログ

関西弁にならない関西人の映画批評ブログ

映画を観て、思った事や感じた事を綴って行きます。※ネタバレありです。

Top Page › ★★★★ › パシフィック・リム:アップライジング
2018-11-10 (Sat)  15:30

パシフィック・リム:アップライジング

15d77d14c1484d8a.jpg
解説
2013年に公開されたSFアクション『パシフィック・リム』のシリーズ第2弾。平穏を取り戻した地球に進化したKAIJUが再び出現し、人類と激闘を繰り広げる。監督はドラマシリーズ「スパルタカス」などに携わってきたスティーヴン・S・デナイト。『デトロイト』などのジョン・ボイエガ、『スクランブル』などのスコット・イーストウッド、『バベル』などの菊地凛子、『ちはやふる』シリーズなどの新田真剣佑らが出演する。
原題:PACIFIC RIM UPRISING
製作年度:2018年
上映時間:111分
製作国:アメリカ
監督:エミリー・カーマイケルキラ・スナイダースティーブン・S・デナイトT・S・ノーリン
音楽:ローン・バルフェ
出演:ジョン・ボイエガスコット・イーストウッドケイリー・スピーニー菊地凛子ジン・ティエン

【公開予告】 【Wikipedia】 【DVD】 【画像検索】

イェガーは、私が好きなヒーローものにも近いものが有って、この作品は気に入ってしまいました。監督は、日本人びいきなのは置いて置いても、この作品に菊地凛子が良い役をもらって出ているのも理解できます。新田真剣佑もちょいやくですが、良い役です。作品自体の見どころは、やはり、イェーガーのパイロットの生き様や、イェーガーそのものの動きです。マジンガーZやガンダムなどが好きな人はハマると思います。私もハマりました。ストーリーはこの際考えないでおきましょう。メカニックが十分楽しませてくれますから。それよりも、前作を観ていないのでそれを観ないとなりません。何か義務感のような感じです。

評価点 82点
お薦め度 80点

関連記事

最終更新日 : 2018-11-17

Comment







管理者にだけ表示を許可