FC2ブログ

関西弁にならない関西人の映画批評ブログ

映画を観て、思った事や感じた事を綴って行きます。※ネタバレありです。

Top Page › ★★★★ › マイナス21℃
2019-02-10 (Sun)  21:23

マイナス21℃

320_201902102120355ce.jpg

奇跡の男の話。
人生には、壁が至る所に有って、越えられない壁もあるが、それを
乗り越えて、将来が見えてくる場合もある。
壁に当たった時の自分は、自暴自棄になって、誰も手に負えない
事も有るが、親はそれをそっと愛情を
以って見てくれている。
親の有難みを知り、今あるのは親のお陰と言う根本を見つめ直して
生きて行かなければならない。
自分が如何に酷い事をして来たことかと、ある場面で思った時、
それを素直に受け入れて、肯定的に自分を許してあげて、
また、周りの人にも変わった自分でできる事を与えてあげなければ
ならない。
この作品は、一見何の変哲もない作品だが、メッセージ性が
極めて高い「事実に基づいた作品」である。
良く、神様は越えられない試練は与えないと言うが、
正にそのメッセージをこの作品からも感じた。
また、自分が例え足を失ったとしても、それは肉体的な
ハンデだと考えず、成長する為に必要な事だと考える
べきであるとも言っている。
極めて、至極真っ当な解釈で有り、考えるところが
多くある。


ん~この藁をもつかみたい気持ち!
1015121_03.jpg
北海道に住んでいた自分は何度も寒さにこらえていましたよ。
流石に遭難した事はないけど、寒くて早く帰りたいけど帰れないと言うのは
何度も有った・・・


評価点 82点
お薦め度 80点

2017年 98分  アメリカ製作
関連記事

最終更新日 : 2019-02-11

Comment







管理者にだけ表示を許可