FC2ブログ

関西弁にならない関西人の映画批評ブログ

映画を観て、思った事や感じた事を綴って行きます。※ネタバレありです。

Top Page › ★★★★ › デス・ウィッシュ
2019-03-23 (Sat)  19:03

デス・ウィッシュ

320_2019032318324249b.jpg

ブルース・ウィリスは、もう稼がなくても良いんじゃないか
と思う。こんな年齢になるまで一線にいたいんだろうか。
maxresdefault_20190323185213722.jpg
居たいんだろう。もう60過ぎで、こんなスゴイ殺人お父さんを
演じるなんて、またまたお金をわんさか貰って羨ましすぎる。。。

演じるのは、ごく平凡な家庭を持つドクター。
DW_01990.jpg
奥さんもドクター。平凡でもなかった・・・セレブに属していました。
364461_01_03.jpg
車もBMWでした・・・

それが、強盗が家に入って、奥さんを殺された。娘さんも瀕死の
重症。意識不明で病院に搬送された。
ブルース・ウィリス(ポール・カージー)は相当なショック。

似ていない弟が所々で登場じます。
20181014-00000001-dramanavi-1-00-view-thumb-600x400-61395.jpg

警察は当てにならない。それは一貫している命題の様で、
そう言う警察が何もできないので、ポールは自分が正義の
味方のように、悪人・罪人を殺していく。
警察の人たち。
364461_01_05.jpg

どんどん芋ずる式に殺人を繰り返して行く。
恨みと言う負のエネルギーは物凄いと言うのを感じざるを得ない。
どちらが悪か分からなくなる。根は善人だがやる事は悪人と同じく
殺人だから。

ブルース・ウィリスは、どちらかと言うと、正義感が強い役柄が多かったので、
本作品は、ちょっと異質な感じがする。大悪党を演じた役も有ったが、
この作品のように、どんどん人を殺していくが、根は善良な市民的な
役は初めて観た。

ところどころ残忍な死に方をするのが登場する。残酷すぎるだろう
とは言いながら、事態は、奥さん殺しの犯人を全員殺したところで
ジ・エンド。
警察のお咎めが無い辺りも、ほんまかいな と思ってしまう。
そして、エンドロール寸前の映像。
cc67b2803fc5d330.jpg
この場面の後、エンドロール。この瞬間は、どんな意味が有るのだろう。
色々考えてしまう。

なんやかんや思いながらも一気に僕らを映画の中に引きずり込んでしまう
ブルース・ウィリスは、やはり名優なんだろうと思った。


評価点 85点
お薦め度 84点 

2018年 107分  アメリカ製作


ポチっとなをお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
関連記事

最終更新日 : 2019-03-23

Comment







管理者にだけ表示を許可