FC2ブログ

関西弁にならない関西人の映画批評ブログ

映画を観て、思った事や感じた事を綴って行きます。※ネタバレありです。

Top Page › ★★★★ › 人魚の眠る家
2019-05-25 (Sat)  21:49

人魚の眠る家

320_201905252128202c1.jpg

脳死状態
これが現実だとするならば、どう言う選択をするのが一番良いのだろうか。
脳死の我が子をどうするかは自分たち、生きている人の意思に掛かっている。
誰しもそんなに簡単には、脳死を受け入れられないが、
その中で、主治医から臓器移植の話を持ち出される
のは酷だ。
ただ、臓器移植をしなければ、心臓の停止を以って
死とする。臓器移植をするとすれば、脳死判定を
して、そこで死となると言うのだ

主治医は、今はそう言う法律になっていると言うのだ。
何とも理解しがたい現実だ。
img_2a51a1adfe6d83e0566295a34a34e638361580.jpg

「この子は生きています。」そう誰しも親だったら
思いたいだろう。寝ているだけで、それ以外は、息もして
身体も動かせれば、死を受け入れたくないのは
僕でも分かる。

子供を持つ親になった事がないので、
如何に悲しいかは程度が分からないが、一生
死んでいる娘を思うのは、可哀そうでならない。
何か区切りがないと受け入れられない
おばあちゃん(松坂慶子)は、自分が監視している中での事故で
脳死になったので、一生、自分を責めるだろう。

「星野さん(坂口健太郎)は、第二の父親なんです」
父親って、そんな存在なのだろうか。
母と共に子供を育てる無くてはならない存在だ。

段々、人間の領域を越えて、人が脳死状態でも
動けるのは、気味が悪い雰囲気で有るのを感じた。
笑顔さえも人の力で作れれば、脳を使わなくとも
生きているように見えるものだ。死体と共に生活して
いると考えたら気持ちが悪い。

大切な命
「学校でみんな言っているよ。気持ち悪いって。」とは
男の子の言葉。子供は時として的を射ている事を言うが
この言葉はズバリだ。

医学的には、ミズホは死んでいる。それを受け入れるのに、
篠原涼子はどれほど身を削ったのだろう。
DoJwzNbUYAAygii.jpg

「お母さんありがとう。今までありがとう。」篠原涼子の夢に出てきた
ミズホが言った言葉。この言葉が有って、初めて子供の死を
篠原涼子は受け入れた。
僕は、西島秀俊の言う「心臓が止まったのを見て、死んだと
感じる
」と言うのに同感だ。

子供の笑顔はいたいけなだけに、こうした子供の死を扱った
作品は心が痛かった。
東野圭吾も実によくこうした難しい命題に対する果敢な挑戦を
したものだ。
9784344028500_2.jpg


評価点 85点
お薦め度 86点

2018年 120分  日本製作

応援お願いします!ポチっとな♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
関連記事

最終更新日 : 2019-05-25

Comment







管理者にだけ表示を許可