FC2ブログ

関西弁にならない関西人の映画批評ブログ

映画を観て、思った事や感じた事を綴って行きます。※ネタバレありです。

Top Page › ★★★★ › メリー・ポピンズ
2019-05-26 (Sun)  22:11

メリー・ポピンズ

51ZB3N6G24L__SY445_.jpg

こう言うノリで掃除をしたりできたら
さぞかし楽しいんだと思う。
音楽がこんなにも、画面と一体化して
観ている人を喜ばせるのも良い感じだ。
いつの間にか、アニメの世界も同化している。
動物なんかは、実物を動かすのが大変だからだろう。

でも、子供を放っておいて踊って歌っていて良いのだろうか。
いつの間にか一緒の回転木馬に乗っている。
そんな世界ってどんな世界なんだろう。
架空とは言え、何かのメッセージが隠されている
筈である。しかも、「メリーポピンズ」は、内容を
知らない僕でも知っている作品名だ。
img_1.jpg

何なんでしょうか。このメリーポピンズの世界は。
いったい何を言わんとしているのか分からない。
ただただ、子供が喜ぶ世界を案内できる女性と言う
意味なのでしょうか。
でも、子供が望む世界を実現できる事は、勿論、
子供の心を掴む事ができると言う事です。
その子供は、希望を実現してくれてさぞかし嬉しい
筈だし、将来になっても忘れないかも知れない。

ジェーンとマイケルは、
こんな家政婦さんを勿論気に入るでしょう。

笑い上戸の何が面白いのでしょうか。笑って死んだ会社
の頭取。何を意味しているのか。銀行業って、難しく言っても
結局は、そんなに難しい事でもなく、偉い人は偉ぶっているけど
何てことはない、普通の人って事でしょうか。

父親の尊厳も教えてくれています。
そして又、如何に父親が苦労して孤独に
耐えて仕事をしているかも教えてくれている。

コミカルな踊りの中にも物凄い技がふんだんに
盛り込まれており、観ていて清々しい。
切れが有って素晴らしい

メリーポピンズって何の象徴なのだろうか。
「家政婦のミタ」の原作だったりして。
問題解決の最終兵器みたいな。
416628.jpg


評価点 82点
お薦め度 85点

1964年  140分  アメリカ製作

↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事

最終更新日 : 2019-05-26

Comment







管理者にだけ表示を許可