FC2ブログ

関西弁にならない関西人の映画批評ブログ

映画を観て、思った事や感じた事を綴って行きます。※ネタバレありです。

Top Page › ★★★+ › 女王陛下のお気に入り
2019-06-02 (Sun)  20:07

女王陛下のお気に入り

320_20190602195541033.jpg

主人公は、侍女のアビゲイルであり使用人です。
abigail-masham-emma-stone-right-side-1548933048.jpg

侯爵夫人が曲者かとすぐ分かります。自我が強い感じです。
美形ですね。
407079.jpg
観ている当初、女王陛下がレズビアンだったとは驚きました。
でもそう言う事は有りえるでしょうね。
日本でも昔の書物に色々な色物の話が有るようですから。

物語は、淡々と進みます。
侍女が行く先には、色々な物語が有りますが、
どれも、宮中とは閉塞感が満載と言うもので、
人間模様も、侍女と侯爵夫人、女王陛下の間での
関係が描かれて行きます。
女王陛下の取り合いは醜すぎます
FAVORITE.jpg

自分の立身出世の為なら、競争相手を殺すのが
一番なのは分かりますが、それを実際にやれる
ところがこの侍女の持っている侍女の欲望、野望
の強さを感じます。

女王の仕事って楽しい」とは、女王陛下の言葉です。
人の人生(侍女の結婚)を左右出来得る立場とは
どんなだろう。会社の社長のようなものでしょうか。

大佐と侍女は結婚しました。本人の策略です。
立身出世欲です。女性の醜い部分でもあり、ひいては
人間の醜い部分です。

女王陛下の足は、「痛風」と聞きましたが、
僕は、30歳位からずっと痛風持ちで苦しんできて
います。今でこそ、痛風を治す治療をしていますが、
腫れては病院へ行き、しばらくして、また痛くなっては
病院へ行っていました。「風が吹くたびに痛い」とは
正にその通りで、発作が出ているときは、正気を失って
しまいます。
20190218-thefavourite-main.jpg

女王陛下役 オリヴィア・コールマン・・・アカデミー賞 主演女優賞
スゴイですね。何が凄いって、無能な女王を演じ切っていて、
それでいて、何かを考えているような何も考えていないようなところ。


評価点 80点
お薦め度 78点

2018年 120分  アイルランド,アメリカ,イギリス製作

 
↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事

最終更新日 : 2019-06-02

Comment







管理者にだけ表示を許可