FC2ブログ

関西弁にならない関西人の映画批評ブログ

映画を観て、思った事や感じた事を綴って行きます。※ネタバレありです。

Top Page › ★★★★+ › 七つの会議
2019-09-26 (Thu)  15:21

七つの会議

176018_02.jpg

題名「七つの会議」からは、無味乾燥な
何の意味のない印象しか浮かびませんが、
いざ、この作品を観ると、引き込まれます。
池井戸ワールドが堪能できます。
「半沢直樹」に登場した面々が幾人も登場
して、話が進行しますが、先が観たい、早く
観たいと言う気持ちが強すぎて、時間の
経過など、スッカリ忘れてしまいます。
私の会社にも幾つも会議が有りますが、
この作品で出てくるような秘密裏に編成
されている会議など有りません。
日本の企業にある色々な社風と言うか、
池井戸が描く会社は、極端な毒が有り、
それが会議を通して繰り広げられて
おりますが、この作品を観ると、「サラリー
マンは嫌ですね」と思ってしまいます。
ぐうたら社員が居られて、それで一方で
役員を交えた陰謀が鵜詰めく・・・なんて、
今も有るのでしょうか。
下請け虐めは有りそうですが、これほどまでに
腐った会社の本性を僕は見た事が有りません。

野村萬斎の飄々とした役ははまり役か。
20190131-nanatsunokaigi_full.jpg
香川照之は完全にはまっていました。
歌舞伎役者ばりの力み方は流石の一言しか出て来ません。
640_20190926151641bfe.jpg
及川光博もバッチリでした。
そんな感じで、出てくる役者さんそれぞれが
力と言うか個性を発揮して、この作品に
華を添えています。
こんな人も良い役で出ています。
main_20190926151807d9b.jpg
この作品を観て思う事は、それでは、半沢直樹
の続編は、どう言う展開になるのかです。
この作品に近い内容になるのではとは
思いますが、今から楽しみではあります。
「正義」とはどんなものかをより鮮明に歌え賭けて
くれる池井戸作品からは目が離せません。

G798KxcW3OXumpZfPQvmNvsc7JE3mqdPvq16UyrK.jpg

評価点 85点
お薦め度 87点

2018年 119分  日本製作

 
↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事

最終更新日 : 2019-09-26

Comment







管理者にだけ表示を許可