FC2ブログ

関西弁にならない関西人の映画批評ブログ

映画を観て、思った事や感じた事を綴って行きます。※ネタバレありです。

Top Page › ★★★★ › 空飛ぶタイヤ
2019-10-12 (Sat)  16:15

空飛ぶタイヤ

172700_03.jpg
池井戸潤原作の社会派小説の
実写化です。結構、池井戸作品は
観ましたが、どれも展開は良く似ています。
同じ人が書いたのだから、似ていても
当たり前ですが。

最初、題名を聞いたときは、全く社会派だの
池井戸作品だのと言うのは感じませんでしたが、
「七つの会議」を観て、その時に寸評を書くために
情報を集める中で、本作品もそうである事を
知ってからは、観たい気持ちが大きくなって
今に至ります。
運送会社(赤松運送)と、銀行(東京ホープ銀行)や
ホープ自動車などが出てくる設定などは、他の
小説でもよく出てくるものですが、逆に同じ
設定でも変化をしており、陳腐さは感じません。
むしろ、ストーリーの面白さに新鮮さを
毎度感じ最後まで魅入ってしまいます。
だから、テレビドラマ化や映画化をしても、
人が満足して帰って行くのだと思います。

本作品の主人公、長瀬智也は、役者としては
ほぼ観たことがなく、どちらかと言えば、
苦手な方に勝手に考えていました。
cast_main_bg_akamatsu_2.jpg
ディーン・フジオカや高橋一生、深田恭子などは、
逆に酌みやすしと言う印象が強く、大体どんな
役者なのかが分かるので、期待通りの役を演じる事
が出来れば、最高と言うように思っていました。
2111979_201805230022282001527040815c.jpg

main-38.jpg

resize_201910121611227ad.jpg
実際に観てみると、役になり切り、その動きや表情は
流石としか言いようがありませんでした。
小池栄子も良い役を演じていましたし、僕が
この場でとやかく言う事でもないのは
言うまでも有りません。
来年には、池井戸作品の中に、半沢直樹の続編が
並ぶのを期待大にしていますが、後でこの寸評を
観直した時、「実際そうなったやん」と言えるだろう事を
期待したいと思います。
最後に本作品は、人名の尊さも謳っていますが、
事故の裏に、こんな人の醜いリコール隠しが有ったり
しないよう、僕らが監視の目で以って、問題を暴き出す
勇気が必要なんだと思います。


評価点 88点
お薦め度 90点

2018年 120分  日本製作
 
 
↓↓↓応援をお願いします。ポチっとな♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事

最終更新日 : 2019-10-12

Comment







管理者にだけ表示を許可